紫わさび研究室

立ち止まった時、悩んだ時・・・日常にツーンとくる未知をお届けします

【動画】もう段差で転ばない!自転車の安全運転講習

f:id:purple_wasabi:20211004215118p:plain

ここの段差に魔物が棲む

自転車で走っていて、車道と歩道の段差でバランス崩したことありませんか?

以前、知人が段差で転んでしまい、怪我をしてしまいました。

このような悲しい出来事が繰り返されないように、動画を作成しました。

周りに小さなお子さんがいらっしゃる方、ぜひお役立て下さい。

 

【勉強の極意③】計画の立て方・壊し方

「計画を立ててもその通りいったためしがないから意味がない」
「計画たてる時間があったらやった方が早い」
そう呟くあなたは、
「計画は大切」「計画があると先が見通せる」…そんなことは言われなくてもわかってるのです。
「計画を立てろ」という大人はいても、計画の運用方法を説いてくれる大人が少ないことが原因です。
そんなあなたのために、紫わさびの長年の研究で得られた計画術の極意を授けましょう。

f:id:purple_wasabi:20210926114954j:plain
「計画を立てろ…だ?そんなこと、今さら言われなくてもわかってんよ」

【極意】勉強の作業工数を減らす:計画は自分がラクするための手抜きツール

久しぶりに勉強でもやるかと机に向かったあなた、
「さ~て、何からやろうかな」
「ん~、今日は頑張ったしここまででいいっかな」
計画がないと、「今の自分の情・気分に問いかけをする」という、余分な作業工程が、勉強の前後に1工数ずつ発生しています。
計画があると余計なことを考えなくて済みます。始まりと終わりのルールが決まっているからルールに従うだけ、こんなに楽なことはありません。

頭は使うべきところで全力で使い、頭を使わなくてもいいところは、徹底して頭を使わない。
これが、凡人の必勝法です。

【極意】みじん切り計画法:計画は具体的で細かければ細かいほど良い

3か月後の定期テストで単語帳1冊が試験範囲になっているとします。単語帳は180ページあります。3ヶ月で何回接触できるかが勝敗を決めます。皆さんは、どうやって計画を決めますか?
※インプット最大化の方法は、別の記事で解説しています。
purple-wasabi.hatenablog.com

◇期限内に何周するか決める
最初の1か月で1周目をやろう。2周目は少し早いから、3週間でやろう。3周目は2週間でやろう。すると、残りは3週間。1週間で1周を三回できるな。
◇1日あたりの作業量を算出する
1周目は、6ページ/日のペースでやれば終わるな。いや、平日は5ページ、土日は10ページにしよう。
◇1日の作業時間と作業場所を決める
1ページに6単語のってるから、平日は30単語。1日で30単語を3周はしたいな。1単語に10秒かけよう、すると1日15分あればできそうだ。朝トイレで2分、行きの電車で10分、昼休みに3分、よし、時間は作れそうね。

これが「計画を立てる」ということです。刻めるところまで刻んでください。
この計画では、1日に同じ単語に3回触れ、単純計算で3ヶ月で18回触れることができます。実際、周を重ねるほど、1単語にかかる時間はより少なくなり、最終的には1単語1秒も不可能ではありません。また、すでに覚えた単語は0秒ですし、周回するほど、勉強するスピードは上昇します。

細かすぎるのでは?というあなた、
みじん切りが優れている理由は、もう少しするとわかります。
そして、この計画術は、教科書・参考書・問題集であっても「単語」が「問題」や「章」にかわるだけで、やり方は同じです。

【極意】計画から目標を逆算する

一念発起して、目標のために計画を立てたあなた、
あなたが立てたその計画だけから、どんな結果が生まれ、何を達成できるか、考えてみましょう。
あなた都合の計画になっていませんか?クライアントは「目標さん」です。目標を達成される側の立場になって、見直してみて下さい。
目標さん「クッ…ここまで攻め込まれちゃ、合格を出さざるを得ないな…」
もし、この計画では目標が達成できない、と感じるのであれば、計画を立て直す、または、目標を変更する必要が出てきます。とりわけ、「○○に合格する」「○○を達成する」といった、より複雑で多様な要素が複合的に絡み合った目標の場合は、注意が必要です。

【極意】計画は壊してなんぼ:そして生まれ変わる

計画を立ててから1ヶ月が経ち、定期テストが残り2か月に迫ってきました。
おやおや、まだ1周目がおわっていません。どうやら遅れているようです。
遅れの原因はどこにあるのか、特定してみましょう。
すると、朝は寝坊気味でトイレにゆとりがなく、昼休みは友達と遊ぶのでいっぱいいっぱいとわかりました。
このように、計画が細かく具体的だと、原因が浮き彫りになり、より効果的に正確に修正ができます。

このような計画のズレは、自分の特性を把握しきれていないために生じます。自分の特性を知れば知るほど、計画の精度は向上します。自分のことって意外とわかっていないものです。

修正するときは、残りの時間とやるべきことから、もう一度先ほどの方法で計画を立てます。
計画が遅れていることに気をとられて、悲観的になってはいけません。計画は何度だって立てることができますし、何度でも実行することができます。最終的に目標が達成できれば、あなたの勝ちです。
計画はあくまでもツールの1つ。実験を繰り返し自分の生活に最適化したツールを磨きあげましょう。
計画を壊す勇気、立て直す勇気が大切です。


今回は、計画術の極意をお届けしました。
世の中では「PDCAサイクルを回す」などと、もったいつけて言われることもありますが、本質は同じで、CheckとActionができるかが目標達成のカギになっています。
勉強を頑張ってる皆さん、今磨いているスキルは一生ものですよ。



【0限目】北海道弁の辞書(2021/9/20更新)

北海道弁講座でご紹介した語句を随時更新しています。復習にお役立て下さい。

あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 わ行 その他

索引 北海道弁 意味
あ行
あずましい 落ち着く
いずい 都合が悪い 違和感がある
うるかす (物を)水に浸漬させる
おっかない 恐ろしい 怖い
か行
きしゃ(汽車) 線路を走るもの(路面電車除く)
こわい 疲れた
さ行
サビオ 絆創膏
しばれる 冷え込む 凍りつく
しゃっこい 冷たい
た行
とば(冬葉) 魚の干物
な行
ないち(内地) 北海道外(主に本州)
は行
ひゃっこい 冷たい
ま行
ママさんダンプ スノーダンプ
もちょこい くすぐったい
や行
ゆるくない つらい 楽じゃない
わ行
わや(わやくちゃ) どうしようもない状態 混乱した状態
~さる ~できる ~の状態になってしまう
~べさ / ~だべさ ~よね
~べ / ~だべ ~よ
~さ / ~ださ ~なんだよね
~べや / ~だべや ~だろ
~べか / ~だべか ~かな
~けさ / ~だっけさ ~でしょ
~けや / ~だっけや ~だろ
~しょ / ~しょや ~でしょう / ~でしょうよ
~すれ / ~すれや ~しろ / ~しろよ
~でない? ~じゃない?
~かい? ~かな?
~でないかい? ~じゃないかな?